いびきの原因には「飲み過ぎ」「過労」「肥満」「枕」「高血圧」「心臓病」なども

いびきの解消法には、いったいどんなものが考えられるのでしょうか?いびきをかくことは健康であるがゆえと錯覚されがちですが、決してそうではありません。いびきは一緒に寝ている家族や同僚などに大きな迷惑を掛けるだけでなく、最近では本人の高血圧や心臓病などが原因でいびきが引き起こされる場合があることもわかってきました。いびきの原因は何なのか、またいびきの解消法を理解し、きちんといびきの改善と防止のための対策を考えることが大切です。
いびきはそもそも、呼吸時の空気の通り道が狭くなり、睡眠時の呼吸の際に上気道の組織(軟口蓋、扁桃、舌根部)が振動する状態のことで、口腔粘膜がだらりと弛緩しておこります。お酒を飲み過ぎてアルコールが多く入っている時や睡眠不足や働き過ぎで過労の時には、この口腔粘膜がいつも以上に弛緩するため、よりいびきをかきやすくなります。また、肥満が原因により口腔粘膜の脂肪が膨らんで内腔が狭くなることでいびきをかくこともあるので、肥満を解消することがいびきの解消法となることもよくあります。それから、枕が高すぎると空気の通り道が狭くなることがいびきの原因になることもあるので、単純に寝具や枕を見直すことがいびきの解消法になることも多くあります。

★★★>いびきに役立つ商品情報はこちら

気になる商品情報を検索してみよう!
※商品一発キャッチャー:見つかるZOU 2 検索窓

[ナイスな情報]

子供のいびきは「扁桃肥大」などの疑いが。「睡眠時無呼吸症候群」にも注意

いびきは、子供がかくこともあります。その原因には、アデノイドや扁桃の肥大が考えられます。あまりにもいびきがひどく、睡眠時の呼吸に支障をきたす場合には、アデノイドや扁桃を切除することも考えなければなりません。扁桃腺が肥大していると、風邪を引いたりしたときにのどが大きく腫れ呼吸困難になってしまうこともあります。子供のいびきの問題は、まずかかりつけの小児科医に診断してもらい、相談しながらいびきの解消法を考えることが必要です。
いびきを一時的にかくことは一概に病気といえませんが、毎晩のようにいびきをかき、1時間に10回近く呼吸が止まるようなら、睡眠時無呼吸症候群という病気の可能性があります。この睡眠時無呼吸症候群を放置しておくと、血圧が上がってさらに心血管系の病気を引き起こしたり、夜に十分な睡眠がとれず、昼間に急激に眠気が襲うなどの危険性もあるので、早期に治療をする必要があります。睡眠時無呼吸症候群が原因で車の運転中に突然眠ってしまい悲惨な事故を起こしてしまった事例などはまだ記憶に新しいところです。

★★★>鼻腔拡張テープなど子供のいびきにも役立ついびき関連商品情報はこちら

下あごの小さな女性にいびきが多いそうです。その場合はマウスピースなどで解消できます。

いびきは、鼻の病気や鼻づまりが原因で引き起こすことがあります。その場合のいびきの解消法は、病気や鼻づまりを治し、睡眠時に口を閉じて鼻呼吸をする習慣を身につけることです。また、加齢とともにのどの粘膜を支える筋肉が衰えることによっていびきをかく原因となることもあります。この場合は、仰向けに寝ることでいびきをかくので、横向きに寝る習慣をつけることがいびきの解消法になります。また女性の場合、自分がいびきであることを知ってしまうと、友達同士での泊まりがけの旅行などにも出かけづらくなってしまいます。女性のいびきは意外に多く、近年では、下あごの小さな女性にいびきが特に多いこともわかってきています。どうやら睡眠時に下あごが下垂してしまうことで歯軋りやいびきを生じることもあるようです。その場合のいびきの解消法として、マウスピースなどで噛み合わせを矯正する方法があります。
いびきは、単純に枕などの寝具の調整で解消される場合もありますが、下あごの小さな女性など、その原因によって、いびきの解消法は変わってきますので、いびきがある場合は、まず耳鼻咽喉科の病院で専門医に相談して原因を調べてもらい、適切な助言を受け、その上で治療法を試すようにしましょう。

★★★>いびきの原因になる鼻炎や蓄膿症を改善する商品情報はこちら

Yahoo!<<<|Copyright © 2008 healthたろぞう