糖尿病の初期症状はわかりにくいので、定期的な血糖値測定が重要

糖尿病の初期症状には、どんなものが考えられるでしょうか。糖尿病とは、血糖値が正常の範囲を越えて異常に高くなったためにあらわれる高血糖症状のことです。糖尿病には、血糖値を下げるホルモンであるインスリンがほとんど作られないタイプの1型と、発病遺伝子を持った人が生活習慣の影響を受けて発病する2型、そして発病は2型でも数年のうちに1型となる1.5型の3種類があります。日本の糖尿病患者の97%を占めているのは2型で、成人だけでなく小児にも発症します。
血糖値は、一般的な人の場合、空腹時には70〜100mg、食後2時間後では120〜140mg、高い人では150mgまで上昇します。糖尿病の初期症状は、血糖値が250mgを超えるまでは変化が見られません。ここが糖尿病の怖いところです。糖尿病の初期症状はいつ起きているかわかりにくいので、定期的に血糖値を測定してみることが重要です。薬局で糖尿をチェックする試験紙を扱っているので、自分で調べることができます。血糖値により糖尿病であることがわかれば、早急に治療を開始することが大切です。

●>糖尿病食や糖尿病関連商品はこちら★★>>

気になる商品情報を検索してみよう!
※商品一発キャッチャー:見つかるZOU 2 検索窓

[ナイスな情報]

ちゃんと食べているのに体重が減ってゆくばあいは、糖尿病を疑いましょう

血糖値が1日のうちで250mgを超える時間が長くなると、糖尿病の初期症状が出はじめます。特に食後など血糖値が高くなるので注意が必要です。高血糖による糖尿病の初期症状の1つとして、尿量の増加とそれに伴う排尿回数の増加があります。昼間の尿量増加に関しては糖尿病の初期症状によるものだとはあまり気が付かないことが多いと思いますが、夜間の排尿回数の増加には糖尿病の初期症状によるものと気付きやすいので、睡眠中に何度もトイレに立つようになったら要注意です。
尿量の増加とともに表れる糖尿病の初期症状は、喉が渇きやすくなることです。尿糖が出る状態であるため、尿量が増加しこのような水分の欲求が高まります。一般的に、体が尿量の増加に伴い体が脱水傾向になると喉の渇きを感じますが、水分を取るようにすればあまり強い脱水状態には陥りません。しかし、高齢者は喉の渇きに対する感受性が低下していることが多く、体が脱水傾向であるにも関わらず喉の渇きをあまり感じず水分を飲まないために、だるさや食欲の低下、めまいなどを引き起こしてしまいます。
糖尿病の初期症状として一番知ることができる現象は、体重が減少して、痩せていくことです。高血糖を放置すれば、どんどん痩せていきます。また、異常に食欲が出るといった症状も出ます。よく食べているのに体重が減少してしまうといった場合には、きちんと病院で検査を受ける必要があります。

●>血糖値が気になる方のための糖の吸収を抑える関連商品はこちら★★>>

食事による糖尿病の予防には、可溶性食物繊維を多く摂るのがいい

糖尿病は食事で予防することができます。スウェーデンで行われた研究では、まだ糖尿病ではないが糖尿病になりかかっている状態である40歳代の男性に、運動とともに、きめ細かな栄養指導を行った場合に、6年間に糖尿病になったのは11%で、何もしなかった場合の29%に対して明らかに少なかったという結果が出ています。食事による糖尿病の予防には、可溶性食物繊維を多く摂るのがいいとされています。可溶性食物繊維を含む自然食品には茸類、こんにゃく、海藻、寒天、ところてんなどがあり、これらの食材を取り入れたレシピ料理を摂ることで糖尿病の予防ができます。
糖尿病の初期症状は、なかなか表にあらわれず、自覚しにくいのが特徴です。しかし、症状がないからといって、高血糖の悪影響が出ないわけではないので、無症状のうちにも糖尿病の合併症は水面下でどんどん進んでいきます。こうして起きた糖尿病の合併症の症状が現れた時に病院に行き診察を受けて、そこで初めて自分が糖尿病であることを知るという人も少なくありません。健康診断は定期的に受け、糖尿病の初期症状を見抜き治療する必要があります。

●>話題の杜仲茶。激安関連商品のいろいろはこちら★★>>

Yahoo!<<<|Copyright © 2008 healthたろぞう