指先のしびれの他にどんな異常があるかが重要な診断要素になります。

指先のしびれを引き起こす病気とは、いったいどんなものが考えられるのでしょうか。病気の原因を特定するには、どの指先がしびれるのか、そしてどのぐらいの範囲でしびれるのかが判断の基準になります。そして、指先のしびれが常に感じるのか、それともどのような時にしびれを感じるのかによっても変わってきます。また、指先のしびれと同時に他にどのような異常が体に感じられるのかも診断の参考となるので、診察時にはそれらの症状をきちんと担当医に伝えるようにしましょう。
ほぼ同時期に両手の指先がしびれ始めた場合には、頚椎に関する病気が原因ではないかと考えられます。頚椎が原因で起こる病気には様々あり、頚椎を繋ぐ靱帯が変質して起こる後縦靱帯骨化症、頚椎間でクッションの役割を担っている椎間板が脊髄の通り道である脊柱にはみ出してしまう椎間板ヘルニア、頚椎の骨が変形することで起こる変形性頚椎症などがあります。これらの病気が脊髄を圧迫する症状を一般的に脊髄症と言いますが、この症状が両足や両手の指先にしびれを引き起こしたり、足や腕の筋力が低下したりする原因となります。

手足や指先のしびれに効果的な関連商品はこちら★★>>

気になる商品情報を検索してみよう!
※商品一発キャッチャー:見つかるZOU 2 検索窓

[ナイスな情報]

指先のしびれを引き起こす原因には、様々な病気や、神経系の症候群があります

これらの「後縦靱帯骨化症」「椎間板ヘルニア」「変形性頚椎症」などが症状の原因となっている場合は、指先などのしびれが継続的に感じられることになります。また、脊髄ではなく神経(神経根)を圧迫する症状になりますと、神経根症と言いますが、この場合には圧迫している部位がある左右どちらかの手や腕、肩などに瞬間的なしびれや痛みが伴ってきます。
神経根症以外にも、神経を圧迫することで指先のしびれを引き起こす原因として、様々な症候群によるものも考えられます。例えば「胸郭出口症候群」は、肋骨や鎖骨と筋肉の間に腕神経叢と呼ばれる神経が挟まれることで「しびれ」が起こります。この症候群は、神経のほかにも血管も挟まれることで腕や手に血行障害が起こり、指先のしびれだけでなく腕全体がだるくなってくることもあります。さらに、「肘部管症候群」の場合は、変形性肘関節症(肘関節骨の変形)により神経が圧迫されることで起きてくる症状で、小指や薬指の指先にしびれが生じてきます。また、「手根管症候群」の場合は、手首の神経が圧迫されることが原因で引き起こる症状で、親指にしびれが生じてきます。

手足や指先のしびれに効果的な関連商品はこちら★★>>

神経系の症状は指先のしびれの他に、顔のこわばりや口や舌の運動異常なども起きます

このような神経系の病気は、その神経の働きに応じた部位に症状が起こることになります。そのため、そのしびれがどの部分にどんな症状を感じるのかという判断によって、脳や脊髄、末梢神経のどの箇所に異常があるのかかなり正確に知ることができます。神経系の病気の症状は指先のしびれなどの他にも、顔のこわばりや口や舌の運動異常などの感覚障害を引き起こします。また、脳の障害の場合には視力や聴力、記憶力や判断力などといった様々な機能に影響を及ぼしてきます。
日常の暮らしの中で、原因がよく分らない指先のしびれなどを感じた時は、まず整形外科を訪れて診断を受け、相談をしてみましょう。指先などのしびれを感じる症状のほとんどの場合は、主に各部位にある神経が圧迫されることで起きるものと考えられます。しかし、指先などのしびれについては、時に、糖尿病などの内科的な病気が原因となって引き起こっている可能性もありますので、原因が良くわからない指先のしびれが、だんだんと強く感じるようになったり、しびれを感じる範囲が広がってきているような場合には、できるだけ早く、整形外科などの専門医に相談して、きちんと検査を受けるようにしましょう。

手足や指先のしびれに効果的な関連商品はこちら★★>>

Yahoo!<<<|Copyright © 2008 healthたろぞう